聖なる性の物語〜あなたの中にある女神を呼び醒ましちゃおう♡

性の解放♡ 女として開花するってことがなによりも世界に貢献することなんだよ♡

わたしは誰のもの、でもないよ∞

何度も繰り返し言ってること。


【わたしは 誰のものでもない
貴方も 誰のものでもない】


〜について、
感じるままに綴ることにしよ〜う✨

 

この女は俺のものだ、とか
この人はわたしだけのもの、だとゆう
所有欲が 相手に対して

ほんの少しでもある場合、
そんな風に感じている相手が
自分以外の人と、キスしたり、まぐわったり、
イチャイチャしたり、してた場合
どう感じるのか?


また、自分以外にも特別に感じる人がいるのだ、(キュン♡ってくる人ね)とゆうことを
知ったとき、どう感じるのか?


相手に対して所有欲があったとしたら、


嫉妬
もやもや
相手を責めたくなる
そんなことをした相手を許せない、
または、受け入れられない
さらに束縛したくなる
相手をコントロールしたくなる


〜などの現象が起こる。


しかしながら、、、


わたしは、、、


貴方の モノ ではない。
誰のモノでもないの。

 

 

なぜ、人は人を縛りたくなるのか。

制限を作ろうとするのか。

 

 

なぜ?

 

愛する人が幸せなら、

それが貴方にとっての幸せ、にならないの?

 

 

自分の中にある不足感を

誰かに埋めてもらわないと

自分は、満たされることなどない、と

無意識に感じているから、、、かな。

(はい!これ、依存ね♡)

 

 

ちゃうねん!!!

 

ちゃうねんよ!!

(なぜか関西弁、、、)

 

 

自分を満たせるのは、

自分だけ、なんよ♡

 

わたしは、

博愛の王こと真王たんに言われたよ。

 


君は僕と愛し愛されてるだけで、いい。
なにもしなくても、
ただ女性は愛され、満たされていればいい、と。

 


それはひとつの真実として
確かに在るのだと思う。


満たされれば満たされた分
内側からキラキラ輝いてくるもんね♡

 

ただ。

その対象を1人に限定しなくていい、ってことが強烈に言いたい。

(1人 VS 1人が最高に心地よい人は
それがいいよ♡)

 

もっと言ってしまえば、
他の誰かに満たしてもらわなくとも
わたしを満たすことができるのは
わたし、しかいないのだから♡


で、
わたしは すでに満たされているの。


だから、、、


愛の言葉も
約束も

本当はいらないのかもしれない。
(わたしにとっては、ね。)


自由でいたい、

自由で、いてほしい。


わたしも。

貴方も。


そう考えていくと、だよ、、、。


1人に限定することは、、、
結構厳しい、と思うなあ。
(あ、わたしの場合だよ)


わたしにとっては
それが一番心地のいいこと、
なのかどうかは、わからない。

 

  

自分の魂の赴くまま、誰にも縛られることなく
我が道を歩み続けている、わたしの友だちが
言っていた言葉。

 


【博愛主義余って冷淡】


わたし、、、
わたしも、、

 

 

それだわ!!✨✨

(ハッ✨としたわ!!)

 


だってね、わたし、結婚してるときに
パートナーに言ったんだ。


「わたしは、貴方が幸せであるのならば、
隣にいるのが、たとえわたしじゃなくっても、
いいって思ってる。貴方がわたしじゃない誰かと一緒にいて最高に幸せなのであれば
わたしがずーっとそばにいなくても、いいんだよ。」みたいなことを。


そしたらね、、、

「それって、愛してないからそんなことが
言えるんじゃないの?」

って、、(へっ?)


むしろ、冷たい人、として
捉えられた、、、のだ。
(え? なんでそーなるの???)

 

わたしから見たら、
いや、わたしがいる場所からしたら、


これ、、

無条件の愛そのもの、なんだけどなあ✨
(わたし、だけ?笑)


大好きな人、大切な人が
最高に幸せだったら、
それがわたしの幸せなんだもの。


だから、、、


カタチもいらない。

約束もいらない。


その瞬間瞬間、感じる感覚を
ただ 大切にキャッチして
素直にそれを表現するだけでいい。


これが わたしの 愛だ♡


だけど、この純粋な真っ直ぐすぎる愛は、、
この3次元の世界では
なかなか伝わらないのかな?

 

 

わたしは、自分の魂の生きる意味を
ずっとずっと探し求めていたの。

 

 

ずっとずっと。

この世に生を受けたその瞬間から、
これまでずーーっとずうう〜〜っと、、、


わたしの魂を全開で活かしたい、と。


わたしにできるなにか、を
魂の想いのままに全身全靈かけて
表現したいのだ。


自由に
なににも捉われることなく
コントロールされることなく。


どこまでも自由に。

 


だから、決めつけないで。

縛らないで。

わたしを美化しすぎちゃダメだよ。


わたしは、貴方のモノ、ではない。

 

ある女性が泣きじゃくりながら言った。


「わたしは、大切な大切な家族のように
想っていた、この人と離れるなんてこれからも
あり得ないと、想っていた人を裏切ってしまった、、 」


「でも、もう、、元には戻れないの。」


と。


いわゆる三次元的に表現すると

【浮氣】ってことになるわけだけど。


強烈に惹かれる人だった、と彼女は言った。

自分でもワケがわからないほどに
初恋かってくらい、、、

その魂が震えるほどの熱い想いを
彼女は抑えることなどできるはずもなかった。


「だけどね、、そんな風に他の人に惹かれたこと、全く後悔してないの! 反省とか、できないの!!」と、、、、


また激しく泣きながら吐き出すように
伝える彼女。

 

彼女がしたことは、
彼女が体感・体験したことは。
本当に罪なのか?

許されないことをしたのだろうか?

 

答えは 否だ。

 

それは、、


自然なこと、だからだよ。


それが、

それこそが本来の人の在り方なの。

結婚制度がもたらす刷り込みや思い込みたちの
目には見えない呪縛は、相当手強い。
(ちっ ←舌打ち中、笑)

 

パートナーは、1 VS 1 でなければならない、
とゆう刷り込み・思い込みによって

どれだけ多くの人が
味わなくてもいい感情
【罪悪感】を感じ、自分を責め続け
苦しんでいるのだろう。


彼女の叫びを聴きながら
わたしのハートがチクチクと痛み
苦しくなった。

わたしは、そのとき、泣きじゃくる彼女に
なにも言えなかった。


ただ言葉少なく精魂込めて伝えた。


「貴方はなんにも悪くないよ。
それは、自然なこと、だから。
罪悪感を感じることは、、
本当は必要ないんだよ。」と。

 

本来の人の在り方、とは


1人でただ在ること
わたしが わたしで存在しているだけで
至福を感じられ、心が満たされた状態。
どんな自分自身とだって、常に相思相愛状態であること♡


そこには、制限などあるわけなく
心はいつだって、どこまでだって自由なの。

 

貴方の心は、
貴方の魂は誰かのモノ、なんかじゃない。


そんなわけのわからない制限など
これからは、必要ない。


本当は、
ずっと必要なかったもの、なんだから。


だから、口約束も いらない。
未来の保障などあるわけもない。
契約も、いらない。

人を愛すること。

それはただただ、素晴らしく美しく
なにごとにも、変えがたい尊い感情。


どうか、自分を責めないで。


彼が貴方の 「自分以外の人への愛する想い」を
受け入れられない、許せないのは、、、


3次元の刷り込み・思い込み、とゆう
制限に 侵されているからだ。


自分1人で至福であり、
常に満たされているのならば


貴方のした行為、
だけにフォーカスするんじゃなくさ、

なぜ貴方がそうしたくなったのか、
そうすることによって、
幸せを感じられたのか?

愛する人
幸せを感じ、より豊かに輝いている、と
感じるのなら、
それこそ、喜ばしいことなんじゃないの?


愛する人
大切な人が

純粋に人を愛していて
だけど、自分のことも大切に想ってくれていて
愛してくれている、ことも紛れもない
真実なんだよ。


表面上の薄っぺらいとこばかり見ていては
真実など見えるわけもない。

 

どんな自分のことも
心から愛することができる人は、
すべての人を愛することができる、と
わたしは感じてる。


不足感から人を愛していくと
どこまでいってもいつまでたっても
その不足感は拭えないよ。

だって
自分に、しか埋められないんだもん♡

 

もう、明らめちゃって♡


自分って、めっちゃすごくて愛溢れてて

面白くって最高にエロくって(♡)
すんばらしい〜存在なんだってこと。


認めちゃって♡


わたしを思いっきり満たせるのは
わたし、しかいないんだってことを、、


明らめ認めて楽しんじゃうのだ♡


O.K??✨


わっはっはっはっ♡
(はいっ!声高らかに笑って笑って〜✨)

 

 

1人1人が

本当の意味で満たされ、開かれたとき、、、

 

 

すべての、あらゆる制限から

解き放たれる。

 

 

相手のため、とゆうより、

なにより自分自身の心が楽になることに

驚くことと思う。

 

そして、貴方の周りには

素敵な魅力に溢れた人が

集まってくるだろう。

 

その人たちは、

それぞれに貴方の魅力、

まだ氣がついていない宝物を

一緒に目覚めさせてくれる。

 

 

貴方はどんどん自由になり

どんどん素敵に輝いていく。

 

 

たくさんの人に支えられ守られ、

一瞬一瞬の、素直な氣持ちのままに

人を愛し、愛され

愛しかない世界の中に生きていくんだ✨

 

 

その世界には、、、

 

不安や恐れなどは一切ないよ♡

 

 

でも、人間だから、味わう

むしろ味わいたい切なさや、もどかしさ、、

 

たまには ええんとちゃいますか?

(これは、最高に贅沢なスパイスになるから♡)

 

 

 

 

 

 

 愛してるよ♡

 

自由に羽ばたき

自由に舞おう。

 

大丈夫。

こわくなんかないから。

 

 

共に行こう∞

 

f:id:miraclehappy:20171012154021j:image

 

 

これがわたしだ!!

文句あっか?

え?ないよね?

あるわけ、ないよね?、、の顔  (笑)

 

くらいな感覚で生きていきましょうぞ✨

 

∞      ∞     ∞     ∞     ∞

 

泣いてる彼女を見ながら、、、

わたし自身も
いろんな想いがこみ上げてきたよ。

 

 

『自分自身がそれぞれに
満たされた状態であること=自立』

 

 

そんな人とだったら、、

終わることのない
素晴らしい関係が
ずっとずっと続くんだろう、と思う♡

 

 

 

鷹さんとやり取りしていて

なんか響いた言靈を書き記すよ♡

 

 

 

 

「僕が一番欲しいのは自由だから
わがまま勝手だからね」

 


「愛されることから自由であること
言ってしまえば愛なんていらないんだ(笑)」

 


「それだな
一人まぐ愛とも言える
これまでの愛は欠乏をベースにおいた
欠乏者同士がお互いの欠乏を

埋めようとする愛だった
それには無理があった
これからはまず

自分を満たしてからのことになる」

 

 

激しく共感♡

 

 

 

∞LOVE☺︎

 

 

 *追記*

 

ザワザワするときが
あったっていいし、
やだやだやだー!!
って、取り乱しちゃってもいいんだよ。

 

大切なのは、
そこから、だなあって思う✨

 

なんで、そう感じるのか、、、を、、、

 

外側ではなく、
自分の内側に、、、問う。

 

自分と対話していく。

 

そこに、、
宝物が必ずあるから♡

 

 

 

∞大和姫∞