聖なる性の物語〜あなたの中にある女神を呼び醒ましちゃおう♡

性の解放♡ 女として開花するってことがなによりも世界に貢献することなんだよ♡

いい、も悪いもない すべてを味わい尽くすのだ♡

【勇氣を出す瞬間は怖いよね。
だけどいつだってそれは
ほんの一瞬でカタがつくよ。
怖さは幻なんだから。】

 

 

川に行って子どもたちと一緒になって
無邪氣に泳いだ。


(長男のスクール水着を借りた、、
ピチピチやがな、、笑)

 

岩の上からポンポン
飛び込みをする子どもたち。

わたしも岩によじ登り、
てっぺんまできたものの
高い場所から川の下を見るたびに
やっぱり、とんでもなく怖くって
(マジでやばいくらいに怖いって!!!)

 

 

足が小刻みに
プルプル震えちゃったりなんかして

ビビりまくってるわたしの横から
子どもたちは、バンバン飛び込んでいく、、
(さすが子ども✨)

 

飛びこむまでの葛藤が
ほんっっっと凄まじかった〜。

 

頭で考えれば考えるほどに、、
怖くなる。

 

頭で考えようとするから余計に怖くなる。

頭を空っぽにして。

 

大きく深呼吸して。

 

さあ!!

って、なっては、また尻込みする。
(みんな、じれったくってすんまっせん!!笑)

 

 

かれこれ、その状態が何分続いたんだろう?

 


相当長かったことは間違いない、、笑

 

 

勇氣を振り絞って、、
いく、今度こそ!!よしっ!!

 

 

あー、、でもやっぱムリー!!

こわいもーん!


こわいんやもーん!

 

ってのを、

わたし自身もげんなりするほどに味わった。

(それを見守ってたみんなも、
いいかげん げんなりだよね、笑
でもみんなずーっと笑顔で見守ってくれてた♡
ありがとう♡)

 

 

しかーし!!

このまま、飛べなかった、なんて
わたしは、ずえったいにやだ!!

 

だから、

怖かったけど、
本当に足がガクガク

震えて怖かったけれど、、、

 

飛び込んだよ!!!✨✨✨✨✨✨

 

 

飛び込んだら、、

 

はれっ?

なんで、こんな簡単なことが
あんなに怖かったんだろ?

 

ってくらい拍子抜けするほどに、、

なんでもないことだった。

 

死にもしないし、
ケガもしないし、

川の底で頭ぶつけることもなかったし
(なぜか、わたしはそれが怖かったんよね)

 

勇氣を出して、そのあとに感じたことは、、

氣持ちいいいい〜♡♡♡

 

だった。

 

とーっても氣持ちよかったんだよ✨

 

 

だから、またスグに飛び込んだ。

 

2回目は、すんなり飛べたよ♡

 

これはそのときの動画だよ〜♡

 

 

https://youtu.be/X0UMuHeYxVc

 

 

 

「宣言して〜!!✨」って


みんなに言われたから、

 

「億万長者になる〜!!」

 

「大調和〜!!!」

 

って宣言したよ♡ (笑)

 

 

プチ生まれ変われた体験・体感できて
とってもとっても幸せ♡

 

 

飛び込みするまでの過程に
人生をみた氣がしてる✨

 

だからね、、

怖いって感じてることの
ほとんどは、、

いや、すべてかもしれないね、

その恐れや、不安はね、
きっと幻なんだよね✨

 

だから、

やっぱりまずは、、

なにはなくとも、
飛び込んでみることがなによりも
大切であり、✨

それから、感じきって物事を決めていけば
いいんやないかな〜♡

 

はー♡

楽しかった!!✨

 

結局なんでもかんでも
味わい尽くせば

楽しかった〜♡

、、になっちゃう世界♡

 

 

この世界は 素晴らしい♡

 

次の日も、また違う川スポットに行った♡

 

 

そこでは、
前回り、アチョーのポーズ、
シェネしながら(回転)、
パッセしながら(バレエモード♡)
ブッタのポーズしながら
シェー!のポーズしながら
(子どもらは、、さすがに知らなかった、、笑)

 

 

「すごーい!!
もいっかい飛び込みやって〜え♡」

 

って子どもたちに言われるまでに成長したよ♡

 

 

子ども以上に童心に還って遊びたおした。

ゲラゲラ腹かかえて笑いころげた。

 

f:id:miraclehappy:20170831012100j:image

 

 

そう、、
この世界は素晴らしい✨

 

 

そんでもって、
これでもかってくらい


わたしは

わたしたちは
愛されてるよ♡

 

 

 

∞LOVE☺︎

 

 

f:id:miraclehappy:20170831012253j:image

たまには こんなモードもありってことで♡

 

 

 

 

∞倭姫∞ 〜やまとひめ〜