聖なる性の物語〜あなたの中にある女神を呼び醒ましちゃおう♡

性の解放♡ 女として開花するってことがなによりも世界に貢献することなんだよ♡

∞博愛の女王の存在∞ 激レア ダブルトリプルレイの壮大なる物語✨

 

わたしが初めて  博愛の王に出逢ったあの日。

 

 

 

わたしは、博愛の王に魂の片割れである
鷹さんの話をしたんだよ。

 


「鷹さんが、魂の片割れだと感じてる。
手のカタチがね、そっくりでね、
顔もね、なんだか似てるんだ!!
(2人とも、顎でてる、、、笑)

 


だけど、鷹さんにそのことを
わざわざ伝えるつもりはないし、
鷹さんにどうしてほしい、とか
ないんやけど、、、。だけど、、
間違いない、と思ってる。」

 

と、わたしは確かに話したんだった。

 

そして、、、

 

博愛の王も、、同じ日に。

 

「僕にとっての魂の片割れはね、
この子なんだよ♡
ホラ、顔も僕と似てるでしょ?✨」

 


って、、、、、

 

って、、、、、、


わたし、、


確かにあの日、、


聴いてたわ!!!✨✨✨✨

 

ってことを、今日博愛の王から
改めてその片割れである存在について
切り出されたときに、

 


やっと思い出した!!

 


かなり浮かれすぎてたのか、
博愛の王にとっての
魂の片割れの博愛の女王の存在を、、、

 

スッカラカンに忘れてた上に
その記憶が完全にぶっ飛んでたわ!!
(はあ、、そんな自分にビックリする、)

 


それを憶いだしてしまったら、、

 


前に進むしかないのよ。

 


だって、わたしにとっての魂の片割れ、鷹さんみたいな存在が、博愛の王にも存在しているのだから✨
(そんなところまで、、わたしたちは
お揃いなんだね♡)

 

 

ただでさえ、
レアらしいトリプルレイ(三位一体)
なんだけど、、

 

あの、、、


これって、、


ダブルトリプルレイ?ってことよね。
(そんな言靈があるのかすら不明、、、汗)

 

 

衝撃だった。


とにかく衝撃の一言。

 

 

 


だけど、、


なんだか、自分の奥深くでは、
妙に納得するものがあることも感じてた。

 

だってさ、
なんか、トリプルレイだとさ、


なんちゅうの?


わたしだけ、ちょっと美味すぎでは?

みたいな(笑)

 

 


まあ、、

鷹さんはたくさん濃人がいるし、
その中でも、特別で大切に想っている
とっても素敵な女性もいるの。
(あ、わたしも特別だよ♡ えへ♡たぶん。)

 


博愛の王にとっての、
魂の片割れである人がいたって、
なんら不思議ではないよね。

 


そう、それが、、

 

 

博愛の女王なのだ。
(はいっ! !   新キャラ誕生!!!✨✨✨✨)

 

 


わたし、初めて博愛の王から
博愛の女王の写真を見せてもらったとき、

 


「本当だ。なんか、博愛の王と
感じが似てる、、。鼻のカタチそっくり。」

 

 

って思ってた。

 


そのあと、あまりの展開の早さに、
自分自身がおっついてない & ただの
浮かれすぎ?(笑)で、、

 

本当に記憶がぶっ飛んでたよ。

 

わたしは、博愛の王に言った。

 

「博愛の女王に逢って。」、、と。

 

 

そして、、


できることなら、、


まぐわって欲しい、と。

 


わたしは、、
たぶんね、、、


博愛の王と、すでに統合してるから、、


だから、、

 

博愛の王にも魂の片割れである博愛の女王と
しっかりと、結ばれてほしい。

 


だって、博愛の王にとっての博愛の女王は

わたしにとっての鷹さんの存在(魂の片割れ)
なのだから。

 

(言葉にはあらわせない。だけど、、
大切でたまらない人。愛おしくてたまらない人。一緒にいると、よりわたしらしく在れる人。とにかく!!スペシャルな存在♡)

 

 

いつも逢えなくとも、

1度だけのまぐわいであったとしても、


魂の片割れであるのなら、、

 

ずっとずっと、違うカタチでも
繋がっていられるから、、、✨

 


わたしは、誰よりも
その氣持ちがわかるから、、、✨

 

だって、おんなじだもの。


わたしと、貴方は、、、

 

そんなところまで、、、


おんなじだったんだね。。

 

 

なんだか、胸がいっぱいになる。

 


博愛の女王と、、


逢えたらいいね♡


そして、、


肌を重ね、
お互いの存在をただ ただ
感じられ、愛に包まれ満たされてほしい。

 

心から、、


そう願う わたしなんだよ✨

 

ね♡

博愛の王♡

 

いつも、そばにいてくれて
あったかく包みこんでくれて


ときに、一緒に泣いて

そして笑って、、、


貴方がいつも、真っ直ぐに愛を
伝えてくれて、抱きしめてくれるから、、

 

だから、

わたしは、、、、

 

わたしのお役目を、全身全靈打ち込めるの。

 

 

貴方の愛の大きさに触れ、優しさに触れ
毎日、毎日、わたしは より わたしに
還っていく。

 


博愛の王が、そばにいても
わたしは、ふらっと、博愛の王から離れ、
1人踊りにいったり、
友だちのとこに言ってペチャクチャ

おしゃべりしてる。
(自由氣まま、完全猫氣質、、、笑)

 

 


そんなわたしを、ニコニコして
ちょっと離れた場所から
見守ってくれてるの。

 

そう、


それはまるで、、、

 

西遊記の物語にでてくるような、、


どこまでも どこまでも
自由に遠くへ行ってるつもりであっても、、

 


結局のところ、、


観音菩薩さまの手のひらの中に
スッポリとおさまってる、って感じ♡

 

 


そう!


手のひらで、わたしはただ
ころころ、と転がされてるだけ〜(笑)

 

 

わたし、前からそうなりたかった。


男性の手のひらで
ころころ転がされてるのが最高だよね〜♡

って、、、。

 


そうなの。

 

いつだって、
わたしは、

 

貴方の手の内にいるよ。

 


博愛の王を心から愛してる。


魂の底から愛しているよ✨

 

 

そして


魂の片割れである、もう1人の鷹さんも
愛してる。

 


博愛の王にとっても、、

 

きっとそうだから✨

 

だから、博愛の女王は
わたしにとっても
とっても大切で、愛おしくてたまらない人だよ♡

 

いつか、一緒にごはん食べに行けたら 

嬉しいな♡

 


だって、

 

博愛の女王ね、
本当に本当にとっても素敵な
素敵すぎる極上女神だから♡
(天使系✨)

 

 

博愛の女王に、心から敬意と愛を持って、、✨

 


2人が、逢えたらいいな、と願う
倭姫なのです♡

 


はあ。


でも、、


なんだか、自分の想像以上のことが
わたしたちに起こってるね。

 

これ、映画になるんじゃない?   (笑) ♡

 

 

 

 ∞LOVE☺︎

 

 

ある日の 博愛の王の愛の言靈♡

 


「顔でもない、
スタイルでもない。
魂がきっと知ってるんだと思う。」

 

 


「だから、僕は、、
倭姫なんだよ。こんなに幸せなのは、、
倭姫だからなんだ。。。。」

 

 


博愛の王は、わたしを抱きしめ涙を流したよ。

 

 

 

 

 

わかってるよ♡

 

わかってる。

 

 

わたしも、同じことを感じているから、、

 

 

貴方の想いは、痛いほどにわかるし

伝わってきてる、いつだって。。。

 

 

いつも あったかい愛のシャワーを

ありがとう✨

 

 

博愛の王     愛しています∞

 

 

 

 

 

 

∞倭姫∞