聖なる性の物語〜あなたの中にある女神を呼び醒ましちゃおう♡

性の解放♡ 女として開花するってことがなによりも世界に貢献することなんだよ♡

博愛王との 聖なる儀式∞

 

わたしは、いま自分のお宮を
整えることに集中している。

 


ある男性とまぐわった。


より、自分のお宮の純度を高めるために
必要なキーを持っている人だ、と
わたしの中のなにかが確かに感じたから。


その人は、間違いなく成熟した真の男性だ✨
(あだ名つけよ。えっとねー、、博愛の王✨)

 


そう、、


これは 聖なる儀式なの。

 

全身隅々までお塩で清める。


聖麻を依って両腕と両足首に巻く。
(それをやってね、と誰かに
言われたような氣がした)

 

自分のお宮は、


神聖なる神社そのもの、だったのだ、と
改めて実感する。

 

鳥居は、女性の大切なところ、なんだね。


そんな感覚もおりてくる。

 

なにが正しいか、正しくないか、


そんなことは どうだっていい。

 

とにかく、自分自身を 整えることに集中する。


自身のお宮を大切にする。


わたしは、白いワンピースを着て
その人に逢いにいった。


成熟した真の男性、博愛の王。

 

「全身全霊で君を愛すからね。

時間も空間も超えて。」


逢うまでも
逢ってからも
ずっとずっとドキドキしてた。


わたしに一体なにが起きてるんだろう。


なにが起こるんだろう。

 

いま、たしかに、、

 

目に見えない世界からの導きを感じる。

 

伊勢に行って宣言して
鷹さんと初めてまぐわった日から


わたしの物語の幕が開いた。


よく、始まりだしたら待ったなしだよ、って
聞いたりすることあったけれど、、


本当だった。。。 (ビビるくらい)


伊勢でね、なんて宣言したかっていうとね、


「わたしは、、ただ、、、
大調和な世界を、この目でみたいの。

和の國を復活させたい。

日出ずるこの國を目覚めさせ

世界を地球を光で照らしたい。

そんな世界をただ見たい。


なにものかになりたい、なんて思わない。
わたし個人の望みなどなにもない。
もうすでにすべて在るから。


生きとし生けるものすべてのいのちが
安心感の中、それぞれのいのちを幸せに
全うできる世界をわたしは創造します✨


そのために、、


わたしができることであれば
なんだってしますから!!


わたしができることであるなら、

わたしのこれからのいのちを、
すべて注いでいきたいから、、


だから、、

どうかじゃんじゃんバリバリ
お志事ください!!✨

あ、暮らしていけるだけの十分なお金も!!✨
だって、人間界は一応、まだお金は必要だから。。。

わたし、めっちゃお金いただいても
この氣持ちはブレないからご心配なく!!」

って。


あとは、
わたし自身の夢も聞いていただいた。


「わたしは大好きな人たち、地球ファミリーと共に 子どもも大人もイキイキ過ごせる村を作ります✨」

って。

 

そう、伊勢で宣言したあの日から


目に見えない導きの力を
ありありと感じてる。


そんな中、博愛の王に出逢う。


話したとき、確かになにかを感じた。

わたしのお宮が 反応した。


わたしは素直で好奇心旺盛な姫なもんでね(笑)✨


安心して✨

成熟した真の男性からはお金は
いただかないから♡
(わたしのまぐ愛セッションはモチ有料♡)

 

博愛の王は、その人のハートに
ダイレクトに開いていく術を知っている、
とゆう。


知っている、ってゆうより、
もともと、備わっているもの、みたいだ。


わたしはこれから、自分の魂の
ミッションをしていくにあたり
必要な人だ、と感じたから、、、。


だから、まぐわうことにした。

 

えーと、


どこまで話すかな、、、


言語化むずい、、、。


一言で表現するならば、、、


想像していた通り、、、
いや。

想像していた以上の極上のまぐわいであった。

 

 

 

そして


2人きりになったとき

服は着たままで

全く直接触れてない!! はず、、、

触れられてない、、、のに、、、

 


え?


なに?

氣持ちいい、、、、(へっ、なんで?)

 

 

身体がなぜ反応しちゃうの??!

 

博愛の王は、なにかの錬金術士なのか??!


魔法使いなのか?!


そんな男性は初めてだった。


なにがなんだかわからないまま、

まだ1度も直に触れられてないわたしは
すでに、濡れ濡れ状態、、きょえ〜!!

(だから、、なんで??)

 

世の中には、いろんな人がいるものだね。


このお方、、。

人間のカタチをした、
完全なる神なのだろうか。


そんな人がいたっておかしくないもんね。

 

わたし、、

直接聞いた。

 

「なんで??! なんで直接触れてないのに
感じちゃうの?なになに?なんの錬金術?」

 

 

「触れてなくても、エネルギーで
どうとだってなるんだよ、倭姫が
そのエネルギーをキャッチできてるってこと」

みたいな感じのことを言っていたような、、。

 


わかる、わかるけど、
やっぱり不思議。

 

はあああ✨✨
人間ってすごいんだよ✨みんな!!

(貴方も貴方もみんなみんな♡)

 

 

 

これ、、
脱いだらどーなんの?一体、、、、。

 


そのあと、一緒にお風呂入って
いろんな話をした。


身体もポカポカ♡


もう ただ一緒にいるだけでもいいな♡

なんか、それだけでも楽しいし
幸せだなって、思った。


いや!でも、やっぱりまぐわってみたい♡

 

本当に儀式のようだった。


博愛王はシンギングボウルを奏でてくれた✨

 


シンギングボウルの心地よい波動を全身で
感じて、とっても氣持ちよかった♡

あー!!


なんか詳しく書きたい、、(ムズムズ、、)


書きたい、、、(ウズウズ、、)


書きたい、、、けど、、

 

言語化できないよ〜!!


みんなは聞きたいかなあ?

 

もし、
聞きたい人はコメント欄に意思表示を♡ 笑


要望が殺到したら(いや、ないだろ♡)


書きまする♡

 

ざっくり表現するね。

 

 


とっても情熱的で

「愛してるよ♡」 「大好きだよ♡」

「綺麗だよ♡」「可愛いよ♡」

などの、愛の言靈のシャワーを
わたしの瞳を真っ直ぐに見つめ、、、


ひたすら、 これでもか、と
愛の言靈を注ぎ続けながら、、


わたしが一番悦ぶこと、
氣持ちいいこと、を
その愛の言靈シャワーと共に
わたしのからだに、ハートに、
魂に響かせてくれる
素晴らしいまぐわいでした✨


わたしは、、、


そんなたくさんの愛の言靈のシャワー、、


いままで生きてきて
1度も浴びたことなかったよ、、、

 

 

褒められるの、苦手、、

なかなか受け取れなかったわたし。
(ついこの前まで、受け取り下手だった)

 

だけど、、

博愛王からの言葉は、
すべてありがたく、受け取らせていただきます✨
(光栄です。倭姫、有難き幸せにございます✨)

 


涙が溢れるほどに、、嬉しかったよ。


こんな風に男性から扱われて

女性が可愛くならないわけがない♡


それはみんなみんなそうなんだ♡

 

 

わたし、博愛王と昼食食べてるときにね、

博愛王が瓶ビール頼んでたから、

 

「はいっ♡」ってビールをついだんだ。

 

 

ニコニコしながら。

 

 

その直後ハッ✨としたわ、

 

 

わたし、、

 

 

これ、、(ビールをついであげる、とゆう行為)

 

 

するの、すごくイヤだったことを

思い出した!!

 

 

ビールを女性についでもらいたい✨

 

、、と切望している世の男性のみなみなさま♡

 

 

 

女性が自ら、顔を火照らせて

ビールどうぞ♡

 

 

って自然と思わせるくらいに、、

 

 

まずは女性を溢れんばかりに満たしてから

ビールついでいただきなさい!!!

(ちょっと キツめに話してるつもり)

 

 

 

男性の権威を振り回すため、

威張りたい、

ただの中身のない意味のない亭主関白氣どり

 

、、な人は、、、

 

お断りです♡

 

 

 

そう!!✨


こんな風なまぐわいをしてくれる
海のように広く、深い愛を
注いでくれる男性が
パートナーであったなら、、


女性は、さらに輝きを増し、
毎日が 溢れんばかりにハッピーだ♡

 

(ビールもどんだけだってつぎまっせ♡)

 

 


わたしは、、


博愛王は、

鷹さんと同じお役目を持っている男性なのだ、と確信した✨


成熟した真の男性、鷹さん♡


成熟した真の男性、博愛王♡


ちょっとー!!!

なんで、いっぺんに現れちゃうわけよ!!


いままで10数年間、枯れ果てていた
わたしに、、、

 

一氣にくるなんて、、、

 

んもーう、、、、

 

んも〜う、、(牛じゃないよ)

 

ここで、わたしは


ハタ✨ と氣がついたのだ。

 


女神である女性は、本来、男性を1人しか
選ばない、
選べないわけがないってことに、、、。

 

チーズケーキ
ストロベリーショートケーキ

 


どっちも食べたい!!✨✨

 

チーズケーキは、なめらかでしっとりしてて
ずっしり濃厚で美味しいから大好き♡

 


ストロベリーショートケーキは、
白くってふわふわしたクリームが
たまらなくて、なんていっても
あのイチゴがたまんなく可愛いから
大好き♡

 

 

 


、、、、、、、、。

 

 

 

 

ね♡

 


そうなるよね、当然。

 


そもそも、どうして、
どちらも大好きなのに


どっちか一つしか
食べられないのさ???
(は?一体誰ルールじゃ)


わたしは、そのことを
地球ファミリーのみんなに話してみたよ。


地球ファミリーの女神たちは、


「うんうん〜♡

どちらか、なんて選べないよね〜。
どっちも美味しいんだから
食べたいに決まってるよね〜♡」


と、目をウルウル輝かせてたよ✨

 

そう✨これがなにを隠そう

女性の、、女神の本音だ♡

 

 

わたくし倭姫が 確信を持って表現する✨

 

 

 


わたしはね、、


誰のことも 縛ったりしないよ。

 

 

わたしとどんな関係であっても
貴方はわたしだけの者(物)ではない。

 


そうであってはならない。

 

 

 

だから、その瞬間瞬間の氣持ちしか
わたしは表現できない。


だから、瞬間瞬間の触れ合いに
全身全霊をかける。

 

愛を込めて✨

魂を込めて✨

 

それ以上でも
それ以下でもなく、、、

 

嘘やごまかしなんてつけるわけもない。

 

 


わたしは、いつどんなときだって
真っ直ぐに目の前の大好きな愛する人
純粋に、向かってすべてをさらけ出す。
明け渡し、委ね 愛されたい、と心から願う。

 


そこに、紛れもなく
純度の高いまっさらな、愛がある。

 

 

 

鷹さん ∞LOVE☺︎


博愛王 ∞LOVE☺︎

 

 

はいっ!!

人生初!!✨

 

モテ期到来〜♡♡♡

(たぶん、、、)

 

 

みんなも愛されたい人3人くらい
作っちゃお♡ 笑 (増えてるし、、)

 

 

*追記*

 

わたし、、モテ慣れてないから、、

 

モテるのって、、、

とっても嬉しい。

だけれども

なんだか、

いろいろ、、、切なかったりもするんだね。

こんな想い初めてだよ。わたし。

 

 

 

*博愛王と倭姫のメールやりとり公開*

(ちょっとだけよ♡)

 

 

 

倭姫より博愛王へ♡

 


『昨日、、

そして、今日。

愛溢れる、素晴らしいひととき、

至福のときをプレゼントしてくれて
ありがとう。


女として、生まれてきて、、
本当に本当によかった、って
感じられる瞬間の連続だったよ。

言葉では、うまく表現できないよ。


博愛王は、いきなりわたしの前に
彗星のようにあらわれて、、、

 

 

わたしは、、
正直戸惑いも感じながら、


だけど、どうしたって博愛王に
惹かれてしまう、そんな自分を感じながら、


また抱き合いたい、
触れ合いたい、って

別れたあと、スグにそう感じながら。。。

 

んもーお!!

なんで、
いっぺんにやってくるんじゃ〜あああ!!

っては、思った、正直(笑)


博愛王の愛は広くて深いね。


博愛王に見つめられたら、
わたし、、
それだけで、濡れちゃうよ。


はあ。。。

もう、。


博愛王のエロ!!✨

またね♡』

 

 

 

博愛王より倭姫へ♡

 

 

『すごく嬉しいメッセを
ありがとう。

このメッセ、、この言葉を遥かに超える

倭姫の喜びの
エネルギーが嬉しい。

 

 

どこまでも
どこまでも

大きく

どこまでも
どこまでも

深い愛で

ただひとりの
女性

 

 

世界にただひとりの
倭姫を

愛したい。

愛し切りたい。

 

この二日間のような
一瞬の激しい
スパーク✨

だけでなく

一昨日地球家族で
集まっていた時のような

 

何氣ない
当たり前の
日常の日々の中でも

 

倭姫の世界を
純粋な愛だけで満たしたい。

 

 

通いダーリーン。

通われハニー。

 

 

そしてその
不思議な家族の
子供達。

 

最高のエロと

最高の家族の日常と

最高の女の子倭姫と

最高の母の倭姫。

 

 

この先どうなるか
わからない。

 

 

でも

今、倭姫を愛し切ること。

 

 

愛そのもので

まっすぐみつめ

愛しそのもので

だきしめ

愛そのもので

ひとつになる日々。

 

 

それだけが
僕の今一番重要なことになった。

 

 

 

不思議だけど
この三日間。

出逢って6日間で

わかったこと。

 

 

倭姫♡
大好きだよ。

 

倭姫♡
愛してる。

 

世界で一番♡


最大限の愛と敬意と感謝を
倭姫に♡』

 

 

 成熟した真の男性は高く そびえたつ山だ。

 

どっしりしてて、たくましく

広い心で 受け止めてくれる。

 

 

成熟した真の女性は 広く 深い 海だ。

 

風に揺られ、波と戯れ

優雅にキラキラ光ってる✨

 

 

どちらが すごい、とか

もちろんないよ♡

 

 

だけど、女性の愛の深さは無限大∞だと

わたしが言っておく✨

 

断言してもよい♡

 

 

わたしは、そんな女神・姫で在りたい、と

強く思う。

 

 


∞LOVE☺︎

 


∞倭姫∞